虫歯を放っておくのは危険!

虫歯を放っている人に、早く治療に行った方がいいよというと、虫歯で死ぬことなんてないんだから大丈夫だよなんて答えがかえってきます。
最近は虫歯をそのまま放っておく人も少なくなりましたし、虫歯自体、減っているのでは?と思うほど、みなさん歯をきれいにしておられます。

虫歯ができてから治療に行くという意識の日本人が多かったのですが、最近は虫歯になる前に治療する、メンテナンスするという人が多く、またホワイトニングや審美歯科などで、歯の矯正や色をよくする治療など、美的な意味で歯医者に通うという人も多くなっています。

一方で若い世代に歯周病が非常に多くなっているという事も事実です。
歯周病は糖尿病と非常に密接な関係にありますが、若年性生活習慣病の方が多くなっているという事も要因かもしれません。
虫歯はあまり進まないうちに治療し、抜くまでには至らないという事が多いのですが、歯周病は早期治療をしておかないと、歯を支えている土台に問題が起き、虫歯でもないのに健康な歯が抜けてしまうという事も起こります。
やはり、歯は定期的に歯科クリニック等でメンテナンスしてもらう方が安心です。

よく、虫歯を放置すると命の危険性があるという事も言われますし、虫歯を放っておくとどんどん進行しあごの骨を溶かしてしまう事があるという事もうわさされています。
これは本当の事なのでしょうか。
当サイトは虫歯の危険性について、あごの骨との関連性や命との関連性を探ったサイトです。
虫歯のある方がこのサイトをみて早く治療に行こう!と考えてくれたら幸いです。



[Recommend Site]
歯周病などで失った歯を取り戻せるインプラント治療を行っている東京の歯医者です ... インプラント 東京